公益社団法人
福岡県宅地建物取引業協会 久留米支部

MENU

行事報告

HOME > 行事報告

2023/12/5

支部旅行(報告)

・1日目

「旅の始まりは、福岡からの飛行機旅でワクワクが止まらなかった。小牧に到着し、まずは、名古屋名物、名古屋コーチンを吟味。弾力性があり、濃厚な味わいでした。その後、名古屋から岐阜へバス移動、車中では、バスガイドさんが窓越しに見える景色を案内しながら、ためになる話や面白話をし、退屈することなく白川郷へ。

 

白川郷に到着すると、たくさんの合掌造りの集落群があり、駐車場から、「であい橋」という長いつり橋を渡り、おみやげ屋さんを横目に、見学させていただく「神田家」に到着。民家に入ると囲炉裏の煙の影響でしょうか煤けた色をしており、立派な木組みがされて、見事としか言い表せない、素晴らしい家屋だった。

期待を超える白川郷を後にして、夕食は、金沢へ移動。

夕暮れの金沢城跡で石垣のライトを見ながらのフランス料理は、優雅で、より食事を美味しく、引き立たせた。

・2日目

朝から、「世界で最も美しい14駅」に日本で唯一選ばれた金沢駅前で集合写真を終え、

 

日本三大庭園のひとつ「兼六園」へ。

美しい庭園の中、お抹茶と茶菓子をいただき、自然と調和する風景と落ち着いた空間、心に残る体験ができた。

やちや酒造での酒蔵見学では、日本酒で作った梅酒の香りが鼻をくすぐり、ほろ酔いの中、夜には、かなざわ石亭での加賀会席と芸妓さんとのお座敷遊びは、風情ある体験でした。

 

最終日、近江町市場で買い物、活気溢れ、賑わいのある市場散策。

そこから、妙立寺へ。

見た目は、普通のお寺、しかし、いざ内部深く入ると、まさに忍者屋敷、期待を超える驚きの連続で、このつくりを考えた方々に脱帽。 長町武家屋敷では、歴史を感じつつも懐かしい空気に包まれ、縁側に腰を下ろすと、時が止まったかのようなリラックスした空間を体験。

気づくとあっという間の2日間で、この旅での出会いや経験は、新しい貴重な気づきを得ることができた。

PAGE
TOP